Host Story

-脱サラ-  ホスト物語。

サラリーマン時代。

自分の仕事にやりがいを感じれなかった兎丸 はじめ。

ホストの世界に飛び込み、予想していたホストと違い、

驚いたという。心優しい彼は、「ホスト=騙す仕事」

だと思っていた。

しかし予想とは違った、ホストクラブ宝地蔵。

入店し、彼の自己成長が、実現しつつある。

最近入店し、半年で売れっ子になったホストは、

(兎丸はじめ)

23歳で脱サラした。

「当時はホストをやるとは全く思っていなかった…」

「ホストなんて自分には向いていないと思っていた」

「ホストのイメージは正直悪かった」

「なにより、自分がホストとしてやっていけると思わなかった」

彼の前職は営業職

「人と話すのは好きでした」

「成績が伸びるとうれしかった」

と、前職のことを話す。

では、なぜ転職したのか?

「頑張っても給与があがらない」

「もっと自分が心から楽しめる仕事を見つけたかった」

知り合いの紹介で、1日ホスト体験の話が…

「とりあえず行ってみよう。」

転職活動の合間に、

暇つぶしぐらいの気持ちで行ったホストクラブ。

その一歩で、飛び込んだ世界は想像とは違う世界。

「ホストクラブでもきちんと経営している、会社があるんだ」

「研修制度があり、きちんとキャリアアップできる」

そう思い入店を決意。

そこから彼の、第2の人生がスタートした。

しかし、現実はそう甘くない。

最初は悪戦苦闘した日々が続いたが、

指導してくれる先輩ホスト、応援してくれるお客様

なにより、やると決めた以上あきらめたくなかった。

入店半年も経つころには、

立派なホストとして収入も大幅にUPし、

人としても、ホストとしても見事な成長を果たした。

彼の現在の姿がこの写真である。

次のビジョンは代表になること。